お腹のアイ

便が硬すぎる・ゆるすぎる。お口が腫れて歯茎が痛い。

腸を丈夫にしたい!腸内環境を見直したい!
そんな飼い主様にお勧めの逸品!

無味無臭だから神経質な子や食事に敏感な子も安心。
1g中にラクトフェリンを500mg含有、ビフィズス菌は20億個を超える高純度なサプリメント。

原材料名
ラクトフェリン・ビフィズス菌
保存方法
直射日光をさけ湿気の少ない涼しい場所で保管し、開封後は冷蔵保存
賞味期限
ラベルに記載
ご利用方法
付属のスプーンで軽く1杯をウェットフードに混ぜて与えて下さい。
※仔犬仔猫の場合は授乳・離乳食の時期を避け一般食を食べる時期からお使いください。

アイコーポレーション
月刊誌Catsに紹介されました

月刊誌Catsの「新楽しいペット用品講座」で
ペット用健康飲料「アイ」が2ページに渡り紹介されました。

紙面を掲載いたしますので、ぜひご覧ください。
他のオリジナル商品も、専門サイトからの問合せで掲載されています。
話題のネコ用製品を取り上げるこのコーナー。
久しぶりの今回は、最近、注目を集めている天然BS菌を使った新製品を紹介します!
(紙面より抜粋) ペットの医療&情報サイトのニャンバーワンで紹介されました。
 
JPRペット産業・市場ニュースで紹介されました。

※クリックすると拡大されます


アイコーポレーション
よくある質問

初乳からのラクトフェリン、セシウムとかは大丈夫?

大丈夫です!

環境先進国でペット関連でも先端を行くドイツ工場で作られています。
初乳もドイツで飼育されている牛から。ご安心してお使いください。
 
「ビフィズス菌なら人間用でも・・・」と考えていませんか?
犬や猫と人間では腸や器官の長さが違います。人間用のビフィズス菌は腸で溶けるように腸溶性の加工がしてあります。
犬や猫では溶け出す前に出てきてしまい便に飲ませたものがそのまま出てきたなんて話もあるくらいです。
同じものに見えても人間用ではちょっとした違いで役割を果たせなくなるので注意!

健康維持は食べたものをしっかり消化吸収できるからだづくりから
消化吸収をスムーズに善玉菌を増やし、吸収効率アップ!!

犬や猫に多く見られる病気の原因が腸の不調によるところが多いと獣医師は指摘。
「消化の良い物を食べていて、さらにサプリメントで補強している。
なのに、痩せていく、下痢が止まらない、便が未消化で出てくる。」
それらがきっかけで思いもしない病気が発症。単なる風邪も腸が弱いからという可能性大。
腸内環境を見直し、腸の強い、病気にならない体を目指しましょう!

アイコーポレーション
腸内環境を整え保ち続けることがポイント!

  • つ・ま・り?
  • 腸のためには、ビフィズス菌を食べ続ければバッチリってことよ。
  • そっかぁ。菌をたくさん食べれば簡単に解決だね。
  • そうそう、そうなのよ。酵素と同じよ。必要なものだけを食べて飲めば解決にゃん。
  • 酵素も善玉菌だし、一緒に飲めば元気爆発だね!で、ビフィズス菌ってどこにいるの?
  • お腹のアイに入ってるわよ・・・。

アイコーポレーションラクトフェリンって?

ペットの口内炎に効果という研究報告や皮膚炎
対策にも!ドイツから輸入のラクトフェリン

ラクトフェリンは母乳、初乳に多く含まれているたんぱく質の一種です。哺乳類の乳・涙・唾液・胆汁などの分泌物中に存在します。分子量約8万の鉄結合性糖たんぱく質です。
ラクトフェリンは母乳中のたんぱく質の約10%~30%を占めています。
しかし、熱に弱いため、市販のミルクなどでは摂取することが難しいものです。乳汁より分離されたラクトフェリンはサーモピンク色をした、無味無臭のたんぱく質です。
ご飯を食べても腸が正常に動いていなくては栄養が吸収できず、様々な病気を誘発する可能性となります。
ラクトフェリンは腸への影響力を持ち、健康全般に好ましい状況にしてくれることでしょう。

アイコーポレーションビフィズス菌って?

ビフィズス菌は人間はもちろん、犬や猫などの
動物の腸(大腸)に生息している善玉菌です。

菌と一口に言っても腸内には非常に多くの菌がいます。
ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌のほかにも、大腸菌等の悪玉菌と呼ばれるものや、日和見菌などとも呼ばれる多くの種類の細菌が共生して一定のバランスを保っています。
このバランスは食事の種類、ストレス、健康状態、加齢等により簡単に崩れ、日々変化していきます。
ビフィズス菌や乳酸菌以外の悪玉菌が優勢になると、腐敗産物(アンモニア、硫化水素、インドール、フェノール等)や細菌毒素、発がん物質等、健康上好ましくないものが生成され、健康に悪影響を及ぼすこともあります。

猫や犬の様子がいつもと違うから心配だ。何を購入したら良いのか分からない。
お電話やメールでお気軽にお問い合わせください。

  • お電話でのお問合せはこちらより お電話でのお問合せは048-433-6387

    受付時間 平日9:00〜12:00
        (土・日祝は定休日です)

  • メールでのお問合せはこちらより

    メールでのお問合せはこちら