愛猫・愛犬の健康と長寿を考える アイコーポレーション 中村コラム

愛犬家・愛猫家のためになる情報を毎月(各月)にて更新しています。

2015 年 2 月 2 日|中村コラム

第138回:腎不全と伝染性腹膜炎と膀胱炎

腎不全の猫が伝染性腹膜炎を発症した場合、食事を悩みませんか?

 

腎不全の猫は、低リン・低タンパク質の食事とスーパーアイで維持が出来る子が多いのですが、そこに伝染性腹膜炎を発症してしまいますと、高タンパク質の食事が必要です。

高タンパク質の食事を腎不全の猫に与えますと腎臓の数値が徐々に高くなっていきます。
その意味は、高タンパク質の食事は当然リンも多いので・・・。

 

高たんぱくの食事か?低タンパク質の食事か・・・?
また、伝染性腹膜炎の場合は、高カロリーが必要です・・・。
高カロリーの食事は高リンです。

 

飼い主さんとしては、どちらの食事を選びますか???

 

腎機能や肝機能が低下している場合、ステロイドインターフェロンなどの治療も肝臓・腎臓に負担をかけます。

ステロイドは肝臓・腎臓に、インターフェロンは肝臓・腎臓に、困ったものです。

 

例えば、弊社へのお問い合わせで、

「病院でステロイドとインターフェロンの治療中ですが、免疫を上げるには何を飲ませたら良いでしょうか」と良く質問されます(この質問は非常に多い事が現状です)。

 

病院から免疫を落とすステロイドを処方されているのに、飼い主さんは、免疫を上げたい・・・???

 

免疫を上げたいのならステロイドの投薬を止める事が一番早いと思うのですが、

ステロイドとは消炎効果が高いのですが免疫を確実に落とし、雑菌も確実に増やします。
雑菌が増えれば感染症の併発にも繋がります、抗生物質を感染予防として一緒に飲ませるように言われます。

しかし、感染症の殆どが抗生物質では防げません

 

ステロイドと抗生物質を一緒に使えば、雑菌が増えず感染症も防げると・・・

教科書通りでしたらどんなに素晴らしいか、殆どの病気が・・・。
ステロイドや抗生物質は効果が出る猫と全く効果が出ない猫もいます

 

飲ませれば、どんなお薬も効果が出ると思ったら間違いです。

効果が出ず副作用ばかりが目立つ犬や猫も多くいます。

効果を確認できないまま、長い期間飲ませ続ければ耐性菌も出来、肝臓や腎臓、胃や腸も確実にリスクを伴います。
効果の確認作業を獣医師に確実に行って欲しいと常に思います。

飼い主さんも、病院で処方されたお薬を飲ませて何らかの変化に気付いて頂きたいと考えます。

 

例えば、食欲が上がってきた、元気が出てきた、熱が下がった等、効果が有れば何らかの変化が確実に有り、

また、食欲が無くなった、下痢や嘔吐が有る、元気が無い、熱が有る等の場合、効果なし若しくは医薬品の副作用からの症状と考えても良いと思います。
伝染性腹膜炎の猫には、アイコネクトお腹のアイをお勧め致しておりますが、弊社の商品は無添加ですから副作用の心配もいりません

 

IMG_2726_R

 

膀胱炎も普通なら抗生物質を4~5日飲ませれば治る筈ですが、

抗生物質と一緒にステロイドを処方する病院が多く、抗生物質は雑菌を死滅させステロイドは雑菌を増やします。

その時は治ったように見えても何回も何回も繰り返し膀胱炎になる犬や猫が多く、

危険な状態になった段階で病院での治療を止め弊社のスーパーアイアイフォアキドニーで治まる犬や猫がどれ程多い事か分かりません。
膀胱炎のワンちゃんが、病院から抗生物質を処方されましたが出血が止まらず、病院は違う種類の抗生物質を再度処方、

それでも出血が止まらず飼い主さんは2件目の病院へ

この病院からは抗生物質とステロイドと止血剤を処方されましたが、

逆に出血が酷くなりワンちゃんはご飯も食べられず、歩く事も出来ずフラフラしていたそうです。
2件目までの治療期間は約2か月です。

 

ここで飼い主さんは、

「もう駄目かもしれないと思い」弊社にお問い合わせを頂きました。

スーパーアイお腹のアイをお勧め致しまして、

10日目くらいから血尿が減り食欲も元に戻り、20日間くらいで血尿も止まりました。
飼い主さん曰く「ご飯にスーパーアイをドンドン入れていたので、こんなに早くスーパーアイがなくなってしまいました、もう、ヤケクソでー」と・・・

私と飼い主さん二人が大声で笑ってしまいました。

 

IMG_2712_R

 

大声で思いっきり笑えるまでに飼い主さんの心も回復しておりました。
笑顔って素晴らしい、お腹の底から笑えるって幸せですね。
幸せの黄色いハンカチではなく、幸せを運んだスーパーアイと言いたいなぁー。

 

 

■切り文批評、切り文論評は、一切お断わりいたします。

 

関連の記事

  • 猫や犬の様子がいつもと違うから心配だ。
    何を購入したら良いのか分からない。
    お電話やメールでお気軽にお問い合わせください。
  • メールでのお問合せはこちらより

    メールでのお問合せはこちら