愛猫・愛犬の健康と長寿を考える アイコーポレーション 中村コラム

愛犬家・愛猫家のためになる情報を毎月(各月)にて更新しています。

2014 年 12 月 22 日|中村コラム

第136回:犬や猫に無理をさせない為には

先日、弊社の商品を長い期間に渡りまして、ご愛顧を頂いております飼い主様から久々にお電話を頂きました。

ご注文は常にいただいておりますが、数年ぶりのお電話でした。

そのお客様の考えや、猫に対する愛情が切々といつも私に伝わり、「私と、全てにおいて同じ考えを持って下さるお客様」と、心が和みました。

その方がおっしゃった言葉は、

「うちの子も一番上がもう20歳になり、下の子も12歳、その下が10歳なので、病院に行って血液検査などをしても高いだけで猫が怖がる為、病院にはもう数年連れて行かないのよ。アイコネクトとお腹のアイの量を調節しながら、怖がらせず無理な投薬もせず、病気の苦しみや辛さからも解放しているの」と、

全く私の考え方と同じなのです。

猫を愛しているから無理強いはしたくない、普通に楽しく穏やかな日々を送らせる事で、寿命を全うさせたい、と言う事です。

ただ、ただ、飼い主さんが不安と言うだけで、犬や猫を常に病院へ連れて行き、処方薬の副作用で体調を崩す犬や猫が可哀想ですね。

 

腎不全の猫に弊社のアイコネクトアイフォア・キドニーを飲ませるとBUNもクレアチニン下がったのですが、平常値までは下がりません。

と言う方には、「補液・点滴・輸液など、これらを止めて、もう少し続けてください」と、お願いしましたところ、早いペースでBUNもクレアチニンも下がりました。

その飼い主さんもビックリなさっていましたが、私は当然の事と思いました。

 

やはり、猫は人間から遺伝子が一番遠い為、人間の薬は(動物病院処方の薬の大半が人薬です)効果が無く、逆に強過ぎて病気の子に追い打ちをかけダメージを与えているように思います。

人間もそうだと思いますが、自分の家ほど居心地の良い場所は有りません。

病気だから、居心地の良い、安心して日向ぼっこが出来る家でゆったりと暮らしたい、犬も猫も同じ考えです。

 

私も死ぬときは、病院で他人に世話されながら、居心地の悪い中で気を遣い心細い思いをしながら死にたくない、家で死にたい・・・と、常に思います。

私も、タバコを吸うと癌になると言われてもタバコを吸い、コーヒーを飲むと胃に悪いと言われても1日6杯程度は飲み、甘いものも好きなだけ食べていますが、健康診断で異常なし、ただし、猫アレルギーによる喘息は抱えていますが・・・

最近、喘息が酷くて息が吸い込めなくなりました、「もう死ぬのかな、息が吸えない」と、思いながら「幸せな人生だったから、もういいかな」と、考えた瞬間、「駄目、うちの猫を残して死ねない、死ねない」と、酸素吸入器から酸素を思い切り何度も送り込み、死ぬ事から回避できました。

友達やお世話になっている方達から常に言われている言葉が、「神様が、この世での役目が終わると迎えに来るから、中村さんは、まだまだ、役目が有るから死ねないよ」と・・・

そうなのかも分かりませんが、私が頑張れる要因は、好きなものを食べ、好きな事をして、コーヒーも沢山飲み、自由に好き勝手に暮らしているからと思っています。

家の猫にも「好き勝手に生きなさい、好きなものを食べなさい、自由に追いかけっこして、お腹が空いたら沢山食べて、お昼寝をして、またご飯を食べて、好きなように生きなさい」と、「いつもお母さんが傍にいるからね、安心して生きなさい」、と・・・

 

お陰様で、家の壁は剥がされ、カーテンは落され、絨毯は3か月間隔で全て張り替え、布団も3か月で破かれ、ホットカーペットも一冬持ちこたえられません。

今は、ホットカーペットの上に羽毛布団を2枚置いていますと、布団と布団の中に潜り込む猫も、その猫の上でお腹を出して眠る猫もいます。

乾燥しない様に十分な加湿も必要ですね。

 

そんな生活を数十年間、家の猫達の事は私の宝です。

尊い命達です、考える力も判断能力もあります。

猫にとってだけ都合の良い事は一度で覚えるしたたかさも抜群です。

穏やかで、笑い声の絶えない家で暮らす犬や猫は世界一幸せです。

 

IMG_2711

 

今年も一年、沢山のお客様からご愛顧を頂きまして誠に有難うございました。

今後とも、犬や猫の為に、より良い商品を開発して行きたいと思っております。

来年も、皆様が幸せな一年でありますように心から願っております。

 

良いお年をお迎えください。

 

 

■切り文批評、切り文論評は、一切お断わりいたします。

関連の記事

  • 猫や犬の様子がいつもと違うから心配だ。
    何を購入したら良いのか分からない。
    お電話やメールでお気軽にお問い合わせください。
  • メールでのお問合せはこちらより

    メールでのお問合せはこちら